泊まり込み作業期間でも女性は自宅作業でOKに

IT系の仕事となりますと、納品前ないしリリース前は、職場に泊まり込んでの作業になることもあるわけです。不具合がないかをしっかりと確認しなくてはなりませんので、新たな作業自体はないもののとにかく細かくチェックしていくわけです。その作業時間が一言でいえば「膨大」ですね。

また、不具合が生じた場合はもちろん、対応にてんてこ舞いな状態になることもあるわけです。ですからこそ、会社に泊まり込みになることだって珍しくはないわけです。

しかしここにおいても「女性で得したなぁ」と感じることがあるわけです。それは「自宅で作業をしてもOK」となることですね。男性は女性に対して過剰に「自分とは違う人」ぐらいのことを意識していて、だからこそ「○○さんは帰宅して自宅で対応でいいから」と言ってくれたりするのですよね。

これが女性ばかりの職場でしたら、たとえ自宅で作業できたとしても誰か一人か二人が会社に残るのならば、根性論で「みんなも残る」となることでしょうけれど、男性割合の多い職場はそうならないので良いなぁと思います。「必要なければ帰宅OK」とあっさりしているところが。とくに技術畑ともなりますと、その傾向は顕著ですね。女性だから気遣ってもらえるという点はもちろんありますが。