IT系職場での男女の違いを感じるケース

女性の社会進出が進んでいますが、やはり3Kと言われる仕事や力仕事の現場では、女性の活躍が少ないです。これは、男女差別ではなく、男性と女性の違いから仕方のないことです。例えば、保育士や看護師も昔は、保母さん、看護婦と言われたように女性限定の仕事でした。現在は、男性にも開放されていますが、やはり、女性が圧倒的に多いです。これは、女性の方が繊細でよく気付いたり、母性本能からよく子供を可愛がるという点も少なからず影響していることでしょう。IT系職場でも同様であり、女性は、非常にセンシティブです。体育会系のノリが多いと言われるIT系職場ですが、やはり、女性は、力任せというか時間任せの仕事はしない傾向が強いです。お肌が荒れるという理由もあるのでしょうが、男性みたいに職場で徹夜でもいいやとか体力勝負という仕事の仕方を好まない傾向が強いです。男性は、どうしても職場や上司に従順であり、企業戦士の割合が多いです。また、そこに自分の居場所や価値を求める傾向が強いのです。勿論、女性にも恋愛なんてアウトオブ眼中であり、バリバリのキャリアウーマンを目指す人も居ますが、少数派です。適度に仕事して、友達や彼氏と遊んだり、美味しいものを食べたり、ファッションしたり等、あくまで仕事を生活の一部と捉える傾向が強いため、上手に仕事量を調整していく術を学んでいきます。