IT系で働く女性の悩みの一つは、「福利厚生」

IT系で働く女性の悩みの一つに、「福利厚生」があります。
昨今は少子化が問題となっていますが、出産や育児は、いまだに女性のライフステージにおいて重要な位置を占めています。
しかし、IT業界というのは全般的に労働時間が長いので、「産休を取るまでは23時まで残業せざるをえなかった」というケースも少なくありません。
そして、IT業界には女性が少ないので、妊娠や出産について理解してもらいにくい環境になってしまっているのです。
確かに、男性からすると、妊娠や出産と聞いてもあまり実感が伴いませんが、IT系で働く女性は、その辺を理解してほしいと思っています。
それは、決して、男女差別ではありません。
結婚・妊娠・出産・育児といった状況の変化に伴う体調の変化などを考慮することであり、あくまで「男女区別」です。
しかし、実際には産休と退職はほぼ同義に捉えられていたり、制度は存在しているが誰も使ったことがないなどということが多いので、今後の課題といえます。

IT系で働く女性の悩みの一つは、「お手本がない」

IT系で働く女性の悩みの一つに、「お手本がない」という物があります。
基本的に、IT業界で働いている人は男性が大半だからというのが、その大きな理由です。
育休などをとった後のキャリアパスが用意されていないという企業も少なくありません。
「女性のキャリアプランなど考えていない」という上司も多く、教育しようという考え自体がないといえます。
このような状況なので、多くの女性は「現在の仕事が数年後につながるとは思えない」と感じています。
とはいえ、企業の側にも言い分がないわけではありません。
IT業界は残業が多いので、出産や育児をしながら働く人に配慮するというのは、かなり難しい状況なのです。
また、女性の中には「仕事を重視したい」という人もいれば、「プライベートを重視したい」という人もいるので、それがさらに企業を混乱させる要因ともなっています。
とはいえ、これらは放置しておいてよい問題ではないので、女性が働きやすい職場を作って行く必要はあります。

IT系で働く女性の悩みの一つは、「正当に評価されない」

IT系で働く女性の悩みの一つに、「正当に評価されない」という物があります。
では、正当に評価されないとはどういうことかというと、主に「評価の基準が不明瞭」「男女で評価を差別している」という2点が挙げられます。
もちろん、「顧客の所に常駐していることが多いので、どういう点を評価しているのか分からない」などというのは論外ですが、特に女性が悩んでいるのが「長時間労働を前提とした評価体制になっている」ということです。
やはりIT業界は残業が多いので、上司は「どのくらい長時間働いているか」ということだけを物差しにしてしまっていることが多いのです。
また、IT業界は男性のほうが多いので、どうしても男性上位になりがちです。
能力が同じくらいであれば、男性のほうがよい評価を受けることが多くなっています。
女性は、「いずれ結婚して退職する」と思われがちだからです。
さらに、産休や育休をとることについても、やはりマイナスの評価を受けやすくなっているので、「とりづらい」という問題も発生しています。

女性だからと割り当てられての不満はIT系は仕事以外のところかも

IT系で仕事をしていても、「女性だから」という役割って確かにあります。たとえば、お客さんが来た時のお茶出しは、事務の人がいない場合は、女性エンジニアだったりしますからね。「野郎が出すよりもいいでしょ」という言い分はわかりますから、そこは受け入れないわけではないのですが、しかし「細やかな掃除は女性の仕事」的なのは断固として受け入れたくはないですね。

照明やなんだと、大きなところは男性陣がやるということは評価します。ただ、「整理整頓などの細かい作業」を女性の役割にしないでいただきたいのです。細かい作業が嫌いな女性だっているでしょう。掃除場所の割り当ては、性別ではなくくじ引きかなんかで行って欲しいものですね。

ですからIT業界で働いていて、性別による不満といえば仕事自体よりもむしろ仕事以外のところで多いと言えるかも知れません。職場の人間関係にもよるとは思うのですが、私がこれまで当たった職場は仕事に関しては、性別でどーのといったことは、他の職種よりも聞かないかなーと思います。

女性のIT系エンジニアはきめ細かい仕事をする!

IT系女性ならではといえば、「手間を省く努力をする」というところがあげられると思います。

私が以前いた会社で開発したアプリケーションソフトについての話ですが、たとえば「手のマークで掴んでオブジェクトを動かす」といったような操作方法をわざわざアプリケーションソフトに追加しているようなところは、IT系女性ならではだなーと思いました。

視覚的に操作すること、そして操作方法では手間をできるだけ省くようにと、努めるところは女性IT系エンジニアならではなのかなーと社内でも評判でした。

仕事以外でも、「ちょっとした工夫」をするのは女性が多いように思いますしね。そこような長所がIT系仕事においても出ていると感じました。

また、「ちゃんと仕様書をわかりやすく作っているところ」なんかは、女性ならではといっていいのか、きめ細かい性格が生かされていると思いますので。

女性のIT系エンジニアは個性が強いというか、はっきりと物を言う人ばかりのように思いますが、きめ細かい努力は女性ならではの利点だと思います。

書類をちゃんと作るのはIT系女性ならでは?

IT系で仕事をしていて私が思うことはといえば、「男性陣、書類作成雑すぎ!」ということですね。いや、女性だから男性だからということではなくて、「人による」と言えるのかもしれませんけれど、しかしながらIT業界で仕事をして10年越えの私の経験からしましても、往往にして女性よりも男性の方がざっくりとした書類を作る傾向があると感じています。

一応でも書類作成をしていればいい方で、一度仕様書もなにも作らずに仕事を進めているエンジニアに遭遇したことがありますよ。正確にいえば、初期段階では仕様書を作っていたのですが、仕様変更が多くて「後から作ればいいやー」になっていて、そして結果、他の人には口頭で伝えるしかないような状態になっていたケースに当たってしまいましたからね。

女性のITエンジニアの場合、このようなことって稀な気がするのですよね。中身はさておき、書類だけはちゃんと作っている人が多いのと感じています。いい意味でも書類を重要視しているところ、そこがIT系女性ならではかなーと思います。

IT系職場での男女の違いを感じるケース

女性の社会進出が進んでいますが、やはり3Kと言われる仕事や力仕事の現場では、女性の活躍が少ないです。これは、男女差別ではなく、男性と女性の違いから仕方のないことです。例えば、保育士や看護師も昔は、保母さん、看護婦と言われたように女性限定の仕事でした。現在は、男性にも開放されていますが、やはり、女性が圧倒的に多いです。これは、女性の方が繊細でよく気付いたり、母性本能からよく子供を可愛がるという点も少なからず影響していることでしょう。IT系職場でも同様であり、女性は、非常にセンシティブです。体育会系のノリが多いと言われるIT系職場ですが、やはり、女性は、力任せというか時間任せの仕事はしない傾向が強いです。お肌が荒れるという理由もあるのでしょうが、男性みたいに職場で徹夜でもいいやとか体力勝負という仕事の仕方を好まない傾向が強いです。男性は、どうしても職場や上司に従順であり、企業戦士の割合が多いです。また、そこに自分の居場所や価値を求める傾向が強いのです。勿論、女性にも恋愛なんてアウトオブ眼中であり、バリバリのキャリアウーマンを目指す人も居ますが、少数派です。適度に仕事して、友達や彼氏と遊んだり、美味しいものを食べたり、ファッションしたり等、あくまで仕事を生活の一部と捉える傾向が強いため、上手に仕事量を調整していく術を学んでいきます。

女性が働きやすいIT系の職場について

女性が働きやすいと感じるIT系の職場は、やはり適度な休憩も取りつつ、雰囲気も明るい職場環境は仕事しながら気分転換も取れますし、女性も安心して勤務することができます。オフィスに観葉植物など置いてあるところも多く、やはり緑があるとリラックス効果もありますし、精神的にも余裕がでるので緑が適度にある職場は人気がありますし、女性も多くなります。IT系の職場はどちらかというと、暗いイメージのところも多いので、なるべく明るくい雰囲気で、快適さも必要になります。そうすることで安心して勤務することができ、なかなか満足できるよな働き方ができるようになります。職場にいる時間も長く、残業も多くなる時もあり、やはり気分転換しやすいようなリフレッシュルームや清潔感ある職場は重要なことです。また、フレックスを導入することで、スケジュール調整もしやすくなり、働き方もだいぶ改善されるようになります。仕事と家庭との両立もしやすくなります。

男性が多いIT系の職場で働く女性

男性が多い職場としてIT系をイメージする方も多いです。チームメンバーの中に女性は少ないですし、男子が多い職場では、女性も自分の意見をきちんと伝えなければいけませんし、色々と対処していくことが重要になります。仕事と家庭との両立は、女性にとって理想的な職場環境になります。IT系はオンラインで作業ができるので、子供が体調不良になり、学校を休んだ時など、自宅勤務することができ、子育てと仕事の両立がきちんとできる職場環境は理想的です。IT系で働く女性は、責任感を持って担当した作業はきちんと行いますし、納期に間に合うように作業が必要になるため、集中的に作業を行います。やはり自分で計画的に作業を進行しながら、メンバーに随時、状況報告していくことが大切になります。急に休みを取る場合など、きちんと状況報告していると引き継ぎも可能ですし、毎日の作業報告を行うことが大切なことになり、仕事をする上で重要なことです。

女性のITエンジニアは両立が厳しい

女性のITエンジニアは、仕事もハードなので納期が近い時期になると残業が多くなり、けっこう遅くまで仕事をすることになります。また、休日出勤なども必要になるため、仕事と家庭との両立が難しくなる傾向もあり、子供を長時間保育園に預けて働くことになります。定時で帰宅できるような部署へ移動できると良いですが、ITエンジニアは、やはりチームでの作業になり、出荷前の製品評価作業や作り込みや修正など、ミーティングも多くなり、作業も増加傾向にあるため、やはり定時退社で子供と過ごす時間を増やすことは難しくなるのが現状です。ご主人やご家族の協力があれば、子育てとの両立も充実できますが、なかなか厳しいのも現状なので、女性のITエンジニアで長年勤務するのは、厳しいケースも多いです。ですが、ライフスタイルにあった働き方も増え、自宅で作業ができることも増加しつつあり、子育てとの両立ができるようになったと感じるケースも増えています。