IT系職場での男女の違いを感じるケース

女性の社会進出が進んでいますが、やはり3Kと言われる仕事や力仕事の現場では、女性の活躍が少ないです。これは、男女差別ではなく、男性と女性の違いから仕方のないことです。例えば、保育士や看護師も昔は、保母さん、看護婦と言われたように女性限定の仕事でした。現在は、男性にも開放されていますが、やはり、女性が圧倒的に多いです。これは、女性の方が繊細でよく気付いたり、母性本能からよく子供を可愛がるという点も少なからず影響していることでしょう。IT系職場でも同様であり、女性は、非常にセンシティブです。体育会系のノリが多いと言われるIT系職場ですが、やはり、女性は、力任せというか時間任せの仕事はしない傾向が強いです。お肌が荒れるという理由もあるのでしょうが、男性みたいに職場で徹夜でもいいやとか体力勝負という仕事の仕方を好まない傾向が強いです。男性は、どうしても職場や上司に従順であり、企業戦士の割合が多いです。また、そこに自分の居場所や価値を求める傾向が強いのです。勿論、女性にも恋愛なんてアウトオブ眼中であり、バリバリのキャリアウーマンを目指す人も居ますが、少数派です。適度に仕事して、友達や彼氏と遊んだり、美味しいものを食べたり、ファッションしたり等、あくまで仕事を生活の一部と捉える傾向が強いため、上手に仕事量を調整していく術を学んでいきます。

女性が働きやすいIT系の職場について

女性が働きやすいと感じるIT系の職場は、やはり適度な休憩も取りつつ、雰囲気も明るい職場環境は仕事しながら気分転換も取れますし、女性も安心して勤務することができます。オフィスに観葉植物など置いてあるところも多く、やはり緑があるとリラックス効果もありますし、精神的にも余裕がでるので緑が適度にある職場は人気がありますし、女性も多くなります。IT系の職場はどちらかというと、暗いイメージのところも多いので、なるべく明るくい雰囲気で、快適さも必要になります。そうすることで安心して勤務することができ、なかなか満足できるよな働き方ができるようになります。職場にいる時間も長く、残業も多くなる時もあり、やはり気分転換しやすいようなリフレッシュルームや清潔感ある職場は重要なことです。また、フレックスを導入することで、スケジュール調整もしやすくなり、働き方もだいぶ改善されるようになります。仕事と家庭との両立もしやすくなります。

男性が多いIT系の職場で働く女性

男性が多い職場としてIT系をイメージする方も多いです。チームメンバーの中に女性は少ないですし、男子が多い職場では、女性も自分の意見をきちんと伝えなければいけませんし、色々と対処していくことが重要になります。仕事と家庭との両立は、女性にとって理想的な職場環境になります。IT系はオンラインで作業ができるので、子供が体調不良になり、学校を休んだ時など、自宅勤務することができ、子育てと仕事の両立がきちんとできる職場環境は理想的です。IT系で働く女性は、責任感を持って担当した作業はきちんと行いますし、納期に間に合うように作業が必要になるため、集中的に作業を行います。やはり自分で計画的に作業を進行しながら、メンバーに随時、状況報告していくことが大切になります。急に休みを取る場合など、きちんと状況報告していると引き継ぎも可能ですし、毎日の作業報告を行うことが大切なことになり、仕事をする上で重要なことです。

IT系企業は女性にこそおすすめ

IT業界は、基本的に女性があまりいません。

しかし、実はむしろ女性のほうが、いろいろとメリットがあることが多いのです。

一つ目は、「仕事と育児を両立しやすい」。

日本の企業では、まだまだ産休や育休後が取りにくく、復帰もしにくい状態といえます。

しかし、たいていのIT企業では、産休や育休が確実に取れ、復帰も容易だったりします。

その業務の性質上、外注で穴を埋めやすいからです。

二つ目は、「肉体労働はまずない」。

IT系の仕事は、座ってPCと向き合っている時間がほとんどであり、重たい物を運ぶようなことはまずありません。

また、営業のように、ヒールを履いて外を歩き回らされることもありません。

ですから、腕力や体力のない女性であっても、仕事がしやすい環境といえます。

三つ目は、「モテやすい」。

上述したように、IT業界では女性が少ないので、普通の容姿であるだけでも、かなりモテます。

加えて、「20代である」「性格が明るい」などの点も兼ね備えていれば、引く手あまたといえます。

泊まり込み作業期間でも女性は自宅作業でOKに

IT系の仕事となりますと、納品前ないしリリース前は、職場に泊まり込んでの作業になることもあるわけです。不具合がないかをしっかりと確認しなくてはなりませんので、新たな作業自体はないもののとにかく細かくチェックしていくわけです。その作業時間が一言でいえば「膨大」ですね。

また、不具合が生じた場合はもちろん、対応にてんてこ舞いな状態になることもあるわけです。ですからこそ、会社に泊まり込みになることだって珍しくはないわけです。

しかしここにおいても「女性で得したなぁ」と感じることがあるわけです。それは「自宅で作業をしてもOK」となることですね。男性は女性に対して過剰に「自分とは違う人」ぐらいのことを意識していて、だからこそ「○○さんは帰宅して自宅で対応でいいから」と言ってくれたりするのですよね。

これが女性ばかりの職場でしたら、たとえ自宅で作業できたとしても誰か一人か二人が会社に残るのならば、根性論で「みんなも残る」となることでしょうけれど、男性割合の多い職場はそうならないので良いなぁと思います。「必要なければ帰宅OK」とあっさりしているところが。とくに技術畑ともなりますと、その傾向は顕著ですね。女性だから気遣ってもらえるという点はもちろんありますが。

IT系の仕事でも男性割合が多い職場は楽

IT系の仕事のなかでも、ホームページのデザインを行うデザイナーとなりますと、女性割合が多い職場もあるでしょう。けれど、デザインではなく組み立てる方になってきますと、まーあ女性割合は低いですね。エンジニア10人中、自分一人だけが女性だということも、べつに珍しいことではないわけですから。

しかしそれが居心地が悪いかといえば、私はむしろ男ばかりの職場の方がやりやすいと思っています。なお、私は男っぽいサバサバした性格で、仕事がバリバリできるタイプというわけではありませんよ。

私は至ってフツーレベルのIT系エンジニアだと思います。いや、むしろ男性のスタンダードを考えますと、プロジェクトリーダーになれるような能力も資質もないですから、やや劣っているぐらいの能力だと言っても良いでしょうか。

しかし、そんな私でも女性ばかりの職場よりも、男性ばかりのIT系の職場の方が好きなんです。やりやすいんです。だって、女性の職場特有の「細やかな気遣い」とか「遠回しの言い方」など無いですから。そこがもう楽なんです。

それに女性だということだけで、おばはんだろうと当たりがソフトなものですからね。まあその職場によるともいえますが。

IT系女性の仕事と性別のイメージについて

コンピュータを使用することでそれがお金になるのが現代です。一般的にIT系の仕事は男性の得意分野だというイメージがあります。しかし今ではIT系女性も増えていて、以前までのイメージが間違っていることが分かります。

実際にIT系の仕事では女性の方が接しやすいという部分があります。特に仕事を依頼する場合は女性だとスムーズに終わります。ここにはIT系女性のコミュニケーション能力の高さも関係しています。

その他にもIT系の仕事をすれば頭を使って作業ができます。つまり女性は育児の間にIT系の仕事で稼げるのです。こうした面からもIT系の仕事に大きな魅力があることが分かります。

またIT系のスキルは男性と女性ではあまり変化がないものです。性別で判断されないのがIT業界の特徴になっています。具体的には高度なスキルを持っていれば男女が平等に仕事をすることができます。

このようにIT系の仕事に対する一般的なイメージは、大半が現実と異なっています。結果的には男女が能力を競って仕事をしているのがIT業界です。

女性でもフリーランスとして将来独立できる可能性がある

細かい作業を丁寧にこつこつすることが好きな女性はIT系の会社で働くことに向いています。スマホゲームを作る時には高いプログラミングスキルが必要ですが、性別にまったく関係ない仕事なので女性でもたくさん稼ぐことができるのは大きなメリットです。体力が必要な仕事は男性の方が稼げることが多いのですが、IT系の会社は体力よりも知力を使うので体力があまり無い女性にピッタリ合います。また、高いスキルがあれば女性でもフリーランスとして将来独立できる可能性があるのもIT系の会社で仕事をする利点です。フリーランスとして仕事をするときは女性であることを全面にアピールした方が仕事を得やすいです。ただ、女性がプログラマとして成長し続けるためには、しっかりと毎日努力をする必要があります。スキルを上げるためには、自分と同じようにIT系の会社で働いている人と頻繁に情報交換をするべきです。やはり同業者といっしょに仕事の悩みについて話すことで頭がスッキリします。

IT系の会社では性別を気にせずに自信を持って働くことができる

女性は人と会う時にソフトな対応ができるのでクライアントと打ち合わせをするときに女性を同席させたがるIT系の会社は多くあります。IT系の会社でする仕事はサイトを作るだけでなく、クライアントがどんなサイトを望んでいるかを正確に理解するために打ち合わせをするという重要な仕事があります。そのため、IT系の会社に勤めたい人はサイトを作るスキルとコミュニケーションをスムーズに取るスキルを磨いておくといいです。いろいろなスキルを持っていたほうがたくさん稼ぐことができるので、本やセミナーを利用してスキルアップをする努力をするべきです。IT系の会社で働く時に女性ということにデメリットはあまりないので、性別を気にせずに自信を持って働くことができます。ただ、あまり仕事を熱心にしすぎると婚期が遅れてしまうリスクがあります。将来子供を産みたいと思っている女性は、IT系の会社で仕事を頑張ることと、結婚相手を探す努力をすると素晴らしいパートナーを見つけることができます。

女性ならではの視点を男性の同僚と共有

IT企業で働く女性の数は、男性に比べると少ないことを働く前から知っていました。実際に働き始めた時も、私は職場でたった一人の女性でした。周囲の同僚たちと仕事をする上で話しやすいかどうかを一番気にしていたのですが、ほとんど問題はありませんでした。女性だからといって特別扱いされることもありません。それどころか、仕事時代に注目されており、仕事で成果を出すときちんと評価してもらうことができる点がとても気に入っています。また、女性としての強みを出すこともできると感じています。例えば、女性目線のデザインを行う必要がある時に、男性が多く働く企業の中で、リーダーシップを発揮しながらデザインに関する提案をすることができています。デザインに関しては、女性が好むようなものを男性よりもたくさん知っているので、私は女性ならではの持ち味を活かせていると感じています。女性だからといって仕事中に差別されることは希望していないので、私も真面目に勤務するようにしています。