女性でもフリーランスとして将来独立できる可能性がある

細かい作業を丁寧にこつこつすることが好きな女性はIT系の会社で働くことに向いています。スマホゲームを作る時には高いプログラミングスキルが必要ですが、性別にまったく関係ない仕事なので女性でもたくさん稼ぐことができるのは大きなメリットです。体力が必要な仕事は男性の方が稼げることが多いのですが、IT系の会社は体力よりも知力を使うので体力があまり無い女性にピッタリ合います。また、高いスキルがあれば女性でもフリーランスとして将来独立できる可能性があるのもIT系の会社で仕事をする利点です。フリーランスとして仕事をするときは女性であることを全面にアピールした方が仕事を得やすいです。ただ、女性がプログラマとして成長し続けるためには、しっかりと毎日努力をする必要があります。スキルを上げるためには、自分と同じようにIT系の会社で働いている人と頻繁に情報交換をするべきです。やはり同業者といっしょに仕事の悩みについて話すことで頭がスッキリします。

IT系の会社では性別を気にせずに自信を持って働くことができる

女性は人と会う時にソフトな対応ができるのでクライアントと打ち合わせをするときに女性を同席させたがるIT系の会社は多くあります。IT系の会社でする仕事はサイトを作るだけでなく、クライアントがどんなサイトを望んでいるかを正確に理解するために打ち合わせをするという重要な仕事があります。そのため、IT系の会社に勤めたい人はサイトを作るスキルとコミュニケーションをスムーズに取るスキルを磨いておくといいです。いろいろなスキルを持っていたほうがたくさん稼ぐことができるので、本やセミナーを利用してスキルアップをする努力をするべきです。IT系の会社で働く時に女性ということにデメリットはあまりないので、性別を気にせずに自信を持って働くことができます。ただ、あまり仕事を熱心にしすぎると婚期が遅れてしまうリスクがあります。将来子供を産みたいと思っている女性は、IT系の会社で仕事を頑張ることと、結婚相手を探す努力をすると素晴らしいパートナーを見つけることができます。

女性ならではの視点を男性の同僚と共有

IT企業で働く女性の数は、男性に比べると少ないことを働く前から知っていました。実際に働き始めた時も、私は職場でたった一人の女性でした。周囲の同僚たちと仕事をする上で話しやすいかどうかを一番気にしていたのですが、ほとんど問題はありませんでした。女性だからといって特別扱いされることもありません。それどころか、仕事時代に注目されており、仕事で成果を出すときちんと評価してもらうことができる点がとても気に入っています。また、女性としての強みを出すこともできると感じています。例えば、女性目線のデザインを行う必要がある時に、男性が多く働く企業の中で、リーダーシップを発揮しながらデザインに関する提案をすることができています。デザインに関しては、女性が好むようなものを男性よりもたくさん知っているので、私は女性ならではの持ち味を活かせていると感じています。女性だからといって仕事中に差別されることは希望していないので、私も真面目に勤務するようにしています。

IT企業の女性社員はどんな人

システム開発をしている女性は、納期が近くなると深夜作業もざらです。だから、けっこう体力的にも精神的のも追い詰められることがあります。そして、女性が少ない業種でもあるのでとても回りの男性にとてもモテます。外注先に常駐したとき、女性の比率が圧倒的に少ないので男性方は争奪戦になるのです。メールでアピールする男性、かなり年上の営業の方からもお食事によく誘われたりもします。基本的に、IT企業で働いている男性は出会いの場も少ないのです。こもって作業をするので彼女を作るのもけっこう大変みたいです。ITに勤める女性は、忙しいとトイレに行く暇もなく作業に打ち込まないといけないので大変です。会社からの定期的な面談などをしてもらって、精神状態を相談していかないとなかなか務まる仕事でもありません。わたしは、接客業から転職してきたので業種が違います。もともといるIT女性は、うつ病になって辞めたり、結婚して子供ができると深夜作業はできないので無理です。

女性が少ないIT系職場はむしろ当たりが優しい

IT系で仕事する上で、女性であることで得したことは、「優しく接してもらえる」ということでしょう。こう言ってはダメだとはわかっていますけれど、やっぱり女性の人数割合が少ない職種の場合ですと、女性であることは得だなぁとは感じます。

とくにあまりスキルが身についていない若い頃なんかは、そのことで感謝しますね。なぜって、やはり優しく接してもらえますから。やっぱりなんだかんだいいましても、優しく接してもらえることは嬉しいですよ。

女性だからというわけではないのですが、やはり異性に対しては男女どちらも優しく接するというか、手を緩めて接する傾向があると感じています。

また、IT系となりますと技術職の人が多いので、総合職よりも相対的に女性の割合が少ないという印象です。そうなりますと、現場を知らずにイメージだけで語る人ならば、「女性がいない職場だと大変でしょー」ぐらいのことを言ってきたりするのですが、同性だからなのか女性の方が当たりがキツイので私は男畑の職場の方がむしろラッキーだぐらいのことを思いますが。

IT企業で働く女性は扱いにくいか?

わたしは、24歳です。以前は、全くほかの業種で働いていました。今は、システム開発に転職しました。システム開発をしている女性は、けっこう有名な大学をでているとか、簿記1級の資格をもっているお勉強ができる女性が多いことがわかりました。この業界は、女性はけっこう少ないです。だから、少しでもかわいいと回りの社員の男性にもてます。女性もしたたかです。給与もほかの業種に比べたら、2倍くらい違うのでブランド品で上から下までそろえている女性もいます。そして、男性から食事を誘われたら、必ずおごらせます。お金にがめつい面があります。仕事上、細かいことが大好きなので1円でも無駄がないように計算するのです。とにかく男女の比率が少ないので、回りにちやほやされやすいしそんなわがままを言ったら嫌われるだろうということを気にせずにズバッといいます。この業界の男性は、人と話すことが苦手な人が多いので女性の方が男っぽい人が多いと思います。

女性がIT企業で働く際の注意点

最近、IT企業で働く女性は、少しずつではありますが増えてきています。

しかし、女性ゆえに苦労する点というのも、いくつかあります。

一つ目は、「職種によっては、家庭との両立が難しい」。

IT業界において、まだエンジニアは人が足りない状態なので、どうしても労働時間が長くなりがちです。

そうなると、やはり家庭との両立は難しくなってしまいます。

二つ目は、「管理職になりにくい」。

上述のように、IT業界で女性が増えてきたのは最近のことなので、女性の管理職はほとんどいません。

そのため、キャリアモデルのイメージが描きにくかったり、立場を理解してもらいにくかったりします。

三つ目は、「『スキルがないのではないか』という偏見を持たれやすい」。

IT業界は、一般的に理系の仕事だと思われていますが、「理系=男性」というイメージは根強くあります。

特に、エンジニアなどは男性のほうが圧倒的に多いので、女性というだけでマイナスのイメージを持たれてしまいがちです。

意外と面白い

IT業界で女性として働くことは意外と面白いと思っています。男性が多いから変にライバル意識を持たず気持ちが自由自在になれる気がしていまして自分のやり方で頑張れていると思っています。ただ難しいところや肝心なところはまださせてもらっていない感じがするんですがそれはある意味守ってもらっているという気持ちもしていてゆっくりやっていこうとも思えます。後、接客係やサポートで人の応対をするような状態になった時なんかは私に行かせようとしてくれますから緊張はしますが人当たりの良さや女性の長所だと感じてくれているのかと少し嬉しくも思っています。

勉強会などもありますがこれは仕事の後夜にありますから遅くに参加するのは帰りの心配や体力的な問題点からありあまり参加できていません。こういう時男なら平気で気にせずできるのかとも思いましたが男性でも同じ事で参加しない人もいましたから性別ではないなあと思いました。基本的にはそこまで優遇されてるとも思いませんしやることそのものは同じなんだと感じます。大変のことはスキルを維持し向上させていくことです。

男性が多い職場なので飲み会が大変です

IT系は男性が多い職場なので、飲み会へ参加すると男性の方と飲み会するような感じになるので、なかなか女子トークができず、IT系の男性との会話はつまらないと感じることが多いです。少し気分転換して、違う雰囲気の飲み会へ参加したいと思っても、仕事が忙しいので、なかなか時間調整ができず、仕事の打ち上げなどで飲み会へ参加すると、どうしても仕事つながりになるので、なかなかリフレッシュするのは難しいと感じることが多々あります。仕事がら、どうしても女性が少ない職場なので、男性の感覚で作業の依頼もあり、夜遅くまで業務を行うことが多々あり、体を駆使することになります。女性の体は意外とデリケートなこともあり、やはり適度にリフレッシュすることが大切になります。ストレスで生理不順になることもあるため、しっかりと栄養バランスが取れた食事をしていますが、帰宅時間が遅くなると自炊ができず、コンビニ弁当が増えるので栄養面が偏ります。