女性のITエンジニアは両立が厳しい

女性のITエンジニアは、仕事もハードなので納期が近い時期になると残業が多くなり、けっこう遅くまで仕事をすることになります。また、休日出勤なども必要になるため、仕事と家庭との両立が難しくなる傾向もあり、子供を長時間保育園に預けて働くことになります。定時で帰宅できるような部署へ移動できると良いですが、ITエンジニアは、やはりチームでの作業になり、出荷前の製品評価作業や作り込みや修正など、ミーティングも多くなり、作業も増加傾向にあるため、やはり定時退社で子供と過ごす時間を増やすことは難しくなるのが現状です。ご主人やご家族の協力があれば、子育てとの両立も充実できますが、なかなか厳しいのも現状なので、女性のITエンジニアで長年勤務するのは、厳しいケースも多いです。ですが、ライフスタイルにあった働き方も増え、自宅で作業ができることも増加しつつあり、子育てとの両立ができるようになったと感じるケースも増えています。

子育てとの両立が厳しいです

IT系は、プログラミング・ネットワークエンジニア・データベース構築など様々な業務があり、在宅で仕事ができるケースもありますが、職場でチームのメンバーとミーティングしながら業務を一つずつクリアしていくことが何より大切になるので、子育てしながら働くママエンジニアにとっては、かなり厳しい職場になります。特に残業が多い職場だと、子供の保育園のお迎えに間に合わないなど家族に協力してもらうことが何より大切になります。色々とストレスを日頃から感じることも多いため、夫の協力やベビーシッターは必須です。双方の親は遠方に住んでいるので子育てに協力してもらうことができず、やはり夫婦での子育てはなかなか厳しい面があります。子育てとIT系エンジニアとしてママ業をこなしていくのは、かなり大変です。短時間勤務ができれば良いですが、今の仕事はそれが難しいので、なるべく残業せず定時で帰れるような業務にしたいと考えるようになりました。